01

【その人、スキあり!】シンガーソングライター 井上苑子(17歳)< 前篇 >

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

若者の「スキ」を応援するNIPPON YOUTH STUDIOが、いろんな「スキ」を持つ若者に実際に会って、その「スキ」を発信していく対談企画、「そのひと、スキあり!」。記念すべき第1回は、シンガーソングライターの井上苑子さん。歌う事、音楽の事、そして友達の事。いろいろ聞いちゃいました!2回に渡ってお届けしていきます。

★前篇★ 井上苑子のスキとは? → えがおがスキ

──スキなものは「えがお」。これは、どういう意味?

人の笑顔がスキ。お客さんや友達の笑顔を見るのがスキって意味です。バンドのライブをしだしてから、お客さんが、歌をきいて、笑ってくれて、それはアコースティックではない経験だったんです。お客さんに楽しんでもらえていることが、めちゃくちゃ楽しかった。

──それは、音楽をはじめたころからずっと?

最初ピアノをやってたけど、ちがうなって思って(笑)。で、音楽を自分で発信していくっていったらやっぱギターかなと思って、お母さんに、ショッキングピンクのギターを買ってもらいました。小5の頃。
ギターの弾き語りからはじめて、その時は、聴いてもらって“よかったよ!”といわれるのがすごいスキだったんです。笑顔というより、言葉一つひとつが届けばいいなと思って、ひとつの言葉でどういう表現をしようかなとすごい考えてました。でもそのときってまだ、歌を外見でしか見てなかったというか、甘かったですね。歌うことでほめられたいとか、認められたら嬉しいという感じだけで。

──いつそれが変わった?なにが起こったか?

一昨年のフェスを見に行かせて頂いた時に、ある瞬間、はっとしたんです。フェスに行ったの自体初めてで、こんな世界があるんや!って。それから、自分も笑顔でいようと思えるようになったし、ライブハウスでお客さんと向き合う時に、お客さんが私を見てくれている顔が笑顔だったら、ちょっとだけ自信を持てるようになったというか。

──逆に、井上さんのことを笑顔にしてくれる存在は?

それもきっと人だと思います。友達がすごいスキ。人が笑ってると私も笑っちゃうんで(笑)。

02
──でも友達にもいろいろいますよね?どんな瞬間がスキですか?

私、Mなんですね多分。笑っちゃいけない状況で、我慢して、笑いを止めるのがスキなんです(笑)。ワタシ的にすごいツボな友達がいて、その子と話している時、すごい笑ってしまうんですけど、スタバで、静かに仕事をしている人がたくさんいらっしゃる中で、ふたりで、声はだせないけど、ふふふって、肩がゆれるくらいになるのがすごいスキなんです(笑)。
だから、つまらないLINEとかはあんまりしたくないんです。とにかく会って話すのがスキ。

──逆に友達って、楽しいことばっかりじゃないよね?少し苦しいときの友達との接し方とか、どうしてる?

私は結構、基本相談されることが多くて、恋愛とか、将来どうしようとか。悩みを聴いて、私なりにこうしたらいいんじゃないかなとか言ったり。たまにケンカしたりとか、いま難しいなあとか、そういうこともあるんですけどね。私は基本、人がスキだから、その人のどこかがスキになるし、近づき過ぎちゃうし、いいとこ見ようとしちゃう。

──友達と知り合い、どこから友達?

それがねー…むずかしいですよね(笑)。
自分の隠してたこととか、なかなか言えないことを言えたら友達だし、他愛もないどうでもいい会話の時に、たとえば「どうでもええわー!」とか、正直に言えるかどうかで友達かどうかわかるかなあ。

──SNSやスマホが便利すぎて、人と直接かかわることが怖いとか、気をつかうとか、面倒くさいっていう人も周りにいない?

それは、めっちゃいると思いますね!
やっぱTwitterとかLINEとかでは、すごい言ってくる友達でも実際会うともごもごしてるとかいますもん。悪いことじゃないと思うけど。私は人と会うのがスキなんで面倒くさいとか思わないですね。はじめましての人とはしゃべりづらいとか全然なくて、いろんな人に会いたいし、いろんな話をしたいですね。

後篇に続く
01

井上苑子(いのうえそのこ)

3歳の時に生まれて初めて口ずさんだ曲はBON JOVIのIt’s My Life。
初めて作った曲は、家の前にダンボールにいれて捨てられていた子猫を、周りの大人が「かわいいかわいい」と言いながら誰も保護しようとしない様子をみて書いた「こころ」。
11歳から大阪の心斎橋で路上ライブを始め、手売りCDを1万枚売って上京。その後本格的にツイキャス(中高生に人気の動画配信サービス)を始め、半年で視聴者数が100万人を突破。昨年末にはTSUTAYA O-WESTでのワンマンライブ、COUNTDOWN JAPAN 14/15への出演を果たすなど、まさに今注目の現役女子高生シンガー。2015年7月1日に、メジャーデビュー・ミニアルバム「#17」をリリース予定。

「#17」のリード曲「大切な君へ」ミュージックビデオは、井上苑子と同じ年17歳の松本花奈監督が担当。「大切な君へ」MUSIC VIDEO(Short ver.) https://www.youtube.com/watch?v=itnnj159A6Y