サムネイル画像

【スタッフに聞いてみた Vol.3】ファッショントリセツ!服選びのポイントは「下調べはせず、お店でじっくり」だった!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

すっかり寒くなってきて、冬にかけて今年はどんな服を買おうか悩みますね!今回の「スタッフに聞いてみた」では、「ファッショントリセツ」と題してWEGOスタッフさんのファッションへの扱いを、かける「お金」、「手間」、「時間」の3つの視点から調査します!まずは「お金」から。スタッフさんはどれくらいファッションにお金をかけているんでしょう?

Q 私的に使えるお金の中での、ファッションへの出費の割合は?

Q1

スタッフさんの7割以上が、ファッションへの支出は全体の半分以下だと答えました。他の出費をきりつめて服だけに注ぐというよりは、趣味として服を買いながら他の出費も惜しまない傾向だと言えます。

続いては「手間」を聞く質問です。

Q 買いたい服は、どうやって見つける?

Q2

お店で直に服を見て決める人が最も多いようです。直に見て買う服を決めるということは、買い物へ行く前の下調べはしないとも言えますよね。スタッフさんは「手間」をかけずに買う服を決める人が多いようです。

最後は「時間」についてです!

Q 服を買いに行くとき、平均してどれくらい時間をかけて服を見る?

Q3

8割以上の人が1時間以上時間をかけると答えました。直接見る時間を重視しているのは、見て、触って、試着してみて分かる色味やサイズ、素材感を大切にしているからなのでしょうか!

前回の「スタッフに聞いてみた」でスタッフさんは一人でふらっと買い物に行くことが多いことが分かりましたが(前記事【スタッフに聞いてみた Vol.2】、今回はさらに、下調べはあまりせずお店でじっくり服を見る傾向にあることが分かりました!
お金や手間はかけすぎずにファッションを楽しむ様子は「やりくり上手」ですね。スキなファッションを上手にやりくりすることで、食や遊びなどその他の出費も惜しまず楽しんでいるのだと感じました!

【調査概要】
対象:10〜30代の全国WEGOスタッフ男女206名
期間:2015年10月15日~2015年10月22日
方法:WEB回答

「スタッフに聞いてみた」一覧