• サムネ③
  • 文中②かつサムネ①
  • 文中③かつサムネ②
  • サムネ④

【ユースなう! Vol.16】対戦相手はゾンビ!?ボールから悲鳴!?「ゾンビサッカー」がオモシロイ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

時は20XX年。あるマッドサイエンティストにより、世界は恐怖に包まれていた。彼が開発したフットサル施設特化型ウイルスにより、世界中のフットサルコートでフットサルをしていたプレイヤーがゾンビとなってしまったからだ。彼らは生前のフットサル愛を忘れられず、マッドサイエンティストにより与えられた特別なボールを追いかけつづけた・・。

というお話から始まる新スポーツ「ゾンビサッカー」、ご存知ですか?
ブラインドサッカーをゆるくしたというこの競技。「スポーツ弱者を、世界からなくす。」をコンセプトに掲げる世界ゆるスポーツ協会が提案する新スポーツの一つなんです。
ルールを読んでみると、『「生身の人間チーム」と「ゾンビチーム」で競う』『ボールからは常に悲鳴が上がっています』…なにこれ、面白そう…!
しかもニコニコ生放送が行われるとある試合では伝統の”早慶戦”が行われるという情報が…それは気になります。

ということで、ゾンビサッカー”感染”してきました!

まずは基本ルールをチェック。

文中①1102最終

ゾンビチームは目が見えないので、ゾンビボールの悲鳴、もしくは人間が首から提げる鈴の音を頼りに動き回ります。「サッカー」といいつつゴールがないことにおどろきですね。
概して言えばゾンビがオフェンスで人間がディフェンスという単純なルール。ルールは単純でも、どんな試合になるか予測がつきません!

ゾンビのうめき声にボールの悲鳴、試合はまさに阿鼻叫喚!

文中②

ゾンビたちの低いうめき声と、ボールの甲高い悲鳴が混じりながら試合は進みます。しかしなんだか楽しそうで、まるで陽気なホラー映画を観ているよう。
観客は、動きがもどかしいのでゾンビを応援したくなり、やはり人間を応援したくもあり…いつでもハラハラドキドキしてしまいます!

誰かがゾンビに感染したら、「か~んせん」。

文中③

ゾンビが人間をタッチしたら、その後タッチされた人間はゾンビとしてプレーします。そのとき行われるのが、この「感染」儀式。両腕をあげながら「か~んせん」と宣言します。みんなが低いゾンビ声で言う光景はなかなかシュール。

ゾンビは予測が当たったときが快感。ただしゾンビをジャマするのはゾンビ!?

「ゾンビをやるのが楽しかったです。ボールと逆の方向に人が多く集まる習性があるのが分かってきて、こっちだろうなという予測が当たった時は嬉しかったです。」と話してくれたのは早稲田大4年の沢さん。
目が見えず情報が少ないゾンビは、音をよく聞くだけでなく策略をめぐらす必要があるってことですね。ゾンビサッカー、意外と頭脳戦かも?
また、ゾンビはボールと鈴の音に集中しているせいか、お互いの位置をあまり把握できないよう。「せっかく誰かをタッチできたと思ったら、味方のゾンビだった」「進もうとしたらぶつかる。ジャマ」ということもしばしば…。

人間はスリリングさがやみつきに。予想ができない鬼ごっこ気分!

「僕は人間の方が面白いと思いました。逃げる感覚が楽しくて、ゾンビをうまくよけたりパス通したりすると分かりやすくヒーローになれるのがいいです。思ってたよりずっと面白かったです!」と慶應大4年の柿原さん。
目が見えないため、ゾンビは急に方向転換したりいきなり俊敏になったり、予測できない動きをします。それに対応するため人間はしゃがんだり立ったり上下をうまく活用し、意外とハード。スリリングだからこそ、クリアできたときの喜びがありますね!

「ゆる」スポーツでも勝敗に対しては「ガチ」。早慶戦を制したのは…慶應大学!

文中④

(勝者で喜ぶ慶應(後列)と敗者で悔しい早稲田(前列))

因縁の早慶戦、結果は慶應大学の勝利!
「ゆるスポーツ」と言いつつ勝負は勝負。早慶戦という意地もあり、みなさん本気で白熱した試合に!勝った嬉しさ、負けた悔しさは大きいです。ニコ生も試合もとても盛り上がっていましたね~。お疲れ様でした!

最後に、ゾンビサッカー発案者、世界ゆるスポーツ協会の堀田高大さんにお話を伺いました。

──「ゾンビサッカー」はどうやって思いついたのですか?

もともとブラインドサッカーの普及のご依頼がありました。それで体験会に行ったとき、アイマスクをすると怖くて手を前に突き出す姿が、ゾンビに見えたのがきっかけです。ルールは今も改良中で、試合をする中で変えることもあります(笑)。
今後はゾンビサッカーをきっかけに、「普段どれだけ視覚に頼って生きているか」ということ、「ブラインドサッカー選手がどれだけすごいか」ということを、たくさんの人に知っていただきたいです。

── 今後若者に対してゾンビサッカーをどう広めていきますか?

ニコ生コメントにあったのですが、「東京六大学リーグ」の開催は面白いし話題になると思っています!今回の早慶戦も大変盛り上がりましたしね。ニコ生だけでなく実際に大学で体験会を行いたいとも考えています。

真面目にふざけるオモシロゆるスポーツ「ゾンビサッカー」、観れば、やれば、ハマること間違いナシ!次回開催もお楽しみに~。

世界ゆるスポーツ協会
http://yurusports.com/

<ゾンビサッカー>
http://yurusports.com/archives/289

<ニコニコ生放送>
謎と恐怖の新スポーツ!ゾンビサッカーやってみた
放送日:10月22日
http://live.nicovideo.jp/watch/lv238500047