samune

【その人、スキあり!】株式会社セブンセンス 代表取締役 吉田拓巳さん(20歳)< 前篇 >

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

若者の「スキ」を応援するNIPPON YOUTH STUDIOが、いろんな「スキ」を持つ若者に実際に会って、その「スキ」を発信していく対談企画、「その人、スキあり!」。インタビュアーは毎度お馴染み、シンガーソングライターの井上苑子さん。
第5回目のゲストは、2012年6月に日本最年少社長として15歳で株式会社セブンセンスを設立し、2012年1月に10代のネット疑似投票サイト「Teens Opinion」をリリース。
10代の若者をはじめ各著名人からも大きな支持を集める吉田拓巳さんが登場。
現在は飲食店や商品のブランディング、イベントやライブの演出なども手がけ、マルチに活躍の場を広げている吉田さんに、前編では会社設立の経緯や現在の活動など、聞いちゃいました。

★前編★面白いと思ったことはすぐやる!

井上:15歳で起業されたとのことで、たぶんよく聞かれる質問だと思いますが、どうして会社を立ち上げたいと思ったんですか?

吉田:そんな深い理由はあんまりなくて、11歳くらいから趣味で映像を作ったりしていて。

井上:それすごいです!11歳!!

吉田:遊びでね!遊びで映像を作っていて、15歳の頃、まぁその前からちょっと仕事になっていて、ちょっとお金を貰ってなんか作ったりとか。そんな中、VJ(ビジュアル・ジョッキー)として映像リアルタイムみたいな活動を始めて、ファッションショーや福岡のApple storeと契約して活動するようになって、15歳の時に単純に面白いかなと思って作ったんです。

井上:会社を設立するって、結構準備が大変だったのでは?

吉田:思って1か月くらいで会社を立ち上げました。それが、16歳になる2日前くらいで、15歳の方が、日本最年少社長にもなるし、ネタとして面白いかなと思って。

井上:高1の時ってことですか?

吉田:そうです。何するかは特に決めず、とりあえずスピードで作ったんです。

井上:話題になった“10代ネット疑似投票サイト「Teens Opinion」は、何でやろうと思ったんですか?

吉田:僕自身は当時そんなに政治に興味もなかったんだけど、今はネットがある事によって、別にこうやって対面しなくてもコミュニケーションが取れたり、まったく会ったことのない大勢の人に自分の意見をTwitterなんかで発信できたりする時代だから、投票権はないけど意見だけ届けていたら、もしかしたら何か変わるかも知れないな、そういうのがあったら面白いなっていうノリでつくったんです。
話題になるとも思わず作ったんだけど、結果的にめっちゃ話題になったっていう。

井上:すごーい!!10代でそういうものに参加できるっていうのは、今の子たちはそんなに想像してない思うので、すごい良いですね!!

▼ネット疑似投票サイト「Teens Opinion」はこちら。
http://teensopinion.jp/concept

zen01

何が自分に合っているかはやってみないとわからない!

井上:他にはどんな事されてるんですか?

吉田:あんまりこれしかやらないっていうのではなくて、自分たちが興味があったり面白いなって思ったことはやっていこうってスタッフにも言っていて結構色々な事をやっています。
WEBを作ったり、飲食店の店舗のデザインをしたり、イベントやライブの演出、アーティストさんに衣装を作ったりもしていたり。

井上:衣装めっちゃ作ってほしい!! 自分はずっと制服で歌っているんですけど、来年卒業なので、卒業したら…コスプレになっちゃうんです!(笑)
専門分野だけではなく、いろいろマルチにやられているんですね!

吉田:飽きっぽいっていうのもあるかな(笑)。あとは、人は何が自分に合ってる合っていないっていうのは、わからないと思っていて、よくやる前から「私には合わないから」って言う人がいるけど、そんなことは厳密にはわからないし、何かでもっと自分の幅が広がるかもしれないし、広がるとそれは幸せなことだから。昔は演出がやれると思っていなかったし、できるかわからなかったんだけど、いざ演出をやるとライブもめちゃめちゃ楽しかったし、そこから衣装をやったり、ライブ全体のことをやったりするものも楽しい。やらないとわからないよね、できるかできないかは。

井上:ライブの演出は、もともと興味があったんですか?

吉田:もともと映像をやっていたから、そういう全体的なこともやりたいなと思った時期がちょうど3年くらい前にあって。

井上:3年前ってことは…17歳?!

吉田:会社としてもそういう体験するとか体感するっていうことに対して、何かやっていく方がビジネスとしてもうまくいくかもなっていうのもぼんやりとあって、「ライブやりたい!」っていうところから、せっかく体験を作るならより人々が良い体験、価値のある体験をしてもらったほうがいいから、ライブとかでも例えば香りを演出してみたりとか。

井上:えっ!?香りまでやるんですか?フレグランスとか?

吉田:フレグランスのブランドもやっているんですけど。3年前からは香りを使った演出とか。

井上:ライブで?

吉田:そう、ライブで!

井上:いきなり香るんですか?

吉田:そう。その曲の音にまつわる香りが。例えばラベンダーとかサクラとかそういう。

井上:えー!!!やりたーい!!!そういうライブに行ったことがないので。私もそういうのめっちゃしたいなっていうか、なんだろう、ライブに来る人って体感したいじゃないですか!参加したい!香りとか、ライブでそんな演出があるなんて思っていないと思うから、すごいドキドキすると思うんですけど、香りを出すタイミングとかってあるんですか?

吉田:あるある!曲の途中で出したり、エンディングで出したり。

井上:え、すごーい!!!めっちゃすごい!!

吉田:ライブじゃないと体験できないみたいな事があると、次も来たくなるよね! 友達にも教えたくなるし。

井上:うんうんうん。なるほどそうですよねー!

という感じで、前編はここまで。
面白いなと思ったことを、実現させていく吉田さんの行動力や発想に、すごーい!と感激しまくりの井上さん。
後編では吉田さんの「スキ」について迫ります!お楽しみに!

撮影協力:天神コア
http://www.tenjincore.com/

参考URL:吉田拓巳さんプロデュース フレグランスブランド「magic Fragrance」
http://magicfragrance.jp

後篇につづく
prf

吉田拓巳(よしだたくみ)

VJ/株式会社セブンセンス 代表取締役。1995年6月29日生まれ(20歳)。2007 年“VJ”の世界に遭遇し、11歳(小学5年生)でグラフィック映像を手掛ける。 Apple Storeでのレギュラーイベントで高い評価を受け、全国各地のイベントに出演。2011年6月(15歳)、株式会社セブンセンスを日本最年少社長として創業。2012年1月Webサービス「お年玉.me」、同年12月に「10代のネッ ト擬似投票サイ トTees Opinion」をリリースし、話題沸騰。2013年4月~2015年3月、エフエム福岡にてレギュラー生番組「VJ TKMi Digital Native Meeting」オンエア。SNSとラジオの新しい可能性を示唆。2013年8月にはアーティストMINMI主催フェス「FREEDOM」、10月からは MINMI全国ライブツアーで映像演出を手掛ける。
現在では、飲食店や店舗の空間プロデュース、ファッションブランド・フレグランスブランドなど企業のブランディングなども展開中。講演活動も全国各地で精力的に行っている。

・受賞歴
2014年4月、JAAA主催日本広告業協会広告大賞受賞
2015年10月、一般社団法人日本メンズファッション協会 主催ベストデビュタント賞受賞

■Official Web Site
http://www.tkmi-vj.com/

■Twitter
@TKMiVJ

■Facebook
https://www.facebook.com/tkmi.vj

■Instagram
@tkmivj

01

井上苑子(いのうえそのこ)

1997年生まれの現役女子高生シンガーソングライター。小学校6年生の時に路上ライブをはじめ、手売りCDを1万枚売って上京。
現役高校生ながらもCOUNTDOWN JAPAN 14/15や、ROCKIN JAPAN FESTIVAL 2015にも出演。 2015年7月にメジャーデビュー。動画配信サービス「ツイキャス」の視聴者数が半年で200万人を突破、そして1stミニアルバムのリード曲「大切な君へ」がLINE MUSICで250万回再生を超えるなど中高生を中心とした若い世代に支持が拡大中。
11/4にメジャー1stシングル「だいすき。」をリリース。また映画「私たちのハァハァ」では主演も務めるなど、マルチに活躍する17歳。

■井上苑子 公式サイト/インフォメーション
http://www.inoue-sonoko.com/
http://www.universal-music.co.jp/inoue-sonoko

Twitter: https://twitter.com/inouesonoko
Twitcas: http://twitcasting.tv/inouesonoko