【スキスタイルvol.4】サムネイル

【スキスタイルPJ Vol.4】データをもとに“○○スキ”の特徴をプロファイリングしちゃおう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

こんにちは、部屋が狭いのでキッチンとお風呂にある給湯器の「お風呂が、沸きました」というアナウンスが互いに反響して宇宙人みたいに聞こえてしまう、スキスタイルライターの福田フクスケです。

世界でひとつの「○○スキのための部屋」のデザイン案をプレゼンする「スキスタイルプロジェクト」。今回は、チームごとに決めたテーマに沿って、「○○スキ」な人たちが、“どんな特徴を持っていて、どんな部屋に住みたいと思っているのか”というのを具体的に調査していきたいわけですが……。

マーケティングの世界では、消費者が思っている本音を“インサイト”と言うそうです。たとえば、ハンバーガーチェーンが消費者に要望を聞くと、必ず「もっと野菜が摂りたい! ヘルシーなメニューを増やして!」というリクエストがたくさん来るのに、実際にサラダを売り出してもぜんぜん売れない……みたいな話って、聞いたことありますよね。

「ファストフード店では、野菜よりジャンクなものが食いてえ! 形が4種類しかないナゲット食いてえ!」というのが消費者の本音=“インサイト”なわけです。

では、「料理スキな人が住みたい部屋」「アウトドアスキな人が住みたい部屋」の“インサイト”なんて、どうすればわかるのでしょうか?

ハイ、そんなときにはこれ!

01

「若者の“スキ”と暮らし方に関する調査」〜!!!(ドラえもんが秘密道具を出すときの言い方で脳内再生してください)
これは、NIPPON YOUTH STUDIOとセレ コーポレーションさんが協働で、全国の20代の独身男女を対象に実施したアンケート調査なんです。

02

(ちなみにこれ、めっちゃ分厚いです)

このデータを見れば、たとえば実家暮らしをしている若者の半数以上が、「ひとりになれない」「いつでも、友人や恋人を呼べない」「自分のペースで過ごせない」ことを不満に思っていることがわかります。

03

また、「家や部屋には、多少なりともこだわりがある」「家や部屋は、自分らしく装飾したり家具を置いたりしたい」と考えている若者は7割以上。

04

「自分の『部屋』に対して、どのようなことを大事にしているか」という質問には、「自身が快適に過ごせること」「好きなことが思う存分できること」「趣味や好きなことを飾れること」という回答が上位にきています。

05

みんな、部屋では自分の“スキ”を重視して暮らしたい、と思っているけど、なかなか実現できていない人も多いということがわかりますね。

さらにこのアンケート調査では、好きなブランドや、趣味、流行、貯蓄に対する考え方、性格や対人関係、部屋選びで重視することは何か……といった、ありとあらゆる項目について、“○○スキ”の属性別に回答や傾向を見ることができるのです。

たとえば、こんなことを読み取ることもできちゃうわけです。

・「ハワイ・バリ・南の島スキ」は、「周囲の環境に流されず自分の考えを貫く」人が他の属性よりも多い
・「美容・化粧スキ」は、「欲しいものにはお金を惜しまない」人の割合が他の属性よりも高い
・「料理スキ」の人は、今住んでいる部屋の「キッチン」と「収納の広さ」に不満を持っている人が多い

このデータを使って、いろんな項目を比較したり、組み合わせたりすれば、「○○スキってこんな人!」という“インサイト”が浮かび上がってくるはず。事件の犯人像を絞り込むプロファイリングみたいで楽しいですよね!

06

(しっかりデータを分析すれば、こんなことにはなりません)

こうして、アンケート調査のデータを読み解きながら、各チームが考えた「○○スキの特徴(インサイト)」と、「部屋の好み」がこちらです!

【チームサンカッケー】

【スキスタイルvol.4】文中画像⑦
【スキスタイルvol.4】文中画像⑧

なるほど、この仮説が本当かどうか確かめるために、実際の「料理スキ」「ハワイ・バリ・南の島スキ」の人に話を聞いてみたり、サーフショップやInstagramにアップされてる料理写真をチェックしてみるとよさそうですね。

【team海街】

09
10

ふむふむ、こちらも推論を確かなものにするために、身の回りにいる「美容・化粧スキ」「ハワイ・バリ・南の島スキ」にヒアリングをして、リアルな生活サイクルや好み、部屋の理想をリサーチするとなおいいかもしれません。

【サイパン代表】

11
12

うんうん、このチームも、「アウトドアスポーツスキ」「女子会・家飲みスキ」のより詳しい実態をつかむために、友人・知人への聞き込みや、アウトドアショップめぐり、WEB・雑誌などでの女子会の流行リサーチを進めることにしたようです。

このように「データ分析」と「リアルな声の収集」を組み合わせてより詳しいリサーチを進め、次回はいよいよ具体的な「部屋のコンセプト」を固めていきたいと思います!

■セレコーポレーション「MyStyle」
http://www.my-style.ne.jp/sp/

<調査概要>
調査名  :「若者の“スキ”と暮らし方に関する調査」
調査方法  :インターネットリサーチ
調査対象  :全国の20代 独身男女
調査期間  :2015年9月4日(土)~9月20日(日)
有効回答数  :調査① 10,000名<男性:5,000名・女性:5,000名>
調査② 首都圏の2,100名 <男性:500名・女性:500名に加え、  調査①にて指定の項目にあてはまる1,100名>