top

【今月のサークルデータ】「落単」は常識!?ハラハラドキドキ単位事情

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

CircleApp(サークルアップ)」に登録する大学生100人に毎月いろいろ聞いちゃう企画、「今月の大学サークルデータ」。今回は、大学生ならではの文化(?)、単位を落とす「落単」にフォーカス!

3月ですね~。多くの大学で成績発表が行われる時期になりました。成績発表を見る瞬間ってドキドキしちゃうもの。成績の良し悪しに一喜一憂、単位をとったり落としたりで悲喜こもごも。…なかなか人には言えないし自分から言わないけど、単位、落としたことありますか?

Q 単位を落としたことは?

Q1

なんと、大学生の約6割が落単を経験している…!!申請単位すべて落とさず取得する「フル単」大学生が少数派だったとは…。落単は、もはや「常識」なのか!?

あのね、僕たち大学生はサークルにアルバイトに忙しいし、勉強は専門的で難しいし、努力はしたけど落単しちゃったんだって!いや、わたしは申請した授業が思ったより難しくて、遅刻回数が規定をオーバーして、途中から単位取得はあきらめたんだ。いやいや、俺は申請したけどなんだか最初からやる気はなかったんだよね。
・・・落単とひとくちにいってもその裏側はさまざま。ということで、落とした単位はどんな心意気でのぞんでいたのか、ホンネを聞いてみましょう~。

Q 単位を落とした理由は?

Q2

「頑張ったけど落とした」不可抗力派が多数なのは順当ですが、驚くべきは「途中であきらめた」経験をしたのが約4割もいること!遅刻をしすぎたのか、レポートを出し忘れたのか、先生とソリが合わなかったのか…予想していた落単、というのは意外と多いんですね。
予想はできてもやっぱり悲しいものです。落とした単位分はいずれどこかで拾わねばならないから…うん、来年頑張りましょ!

さて、最後は新年度への意気込みを聞きました。春ってなにか新しいことをはじめたくなりますよね~。

Q 新年度から、新しくはじめたいことはなに?

Q3

堂々1位は「勉強」!資格をとるため、TOEICなどの語学試験で高スコアをだすため、今度は単位を落とさないため…単位は落としがちながら、意外と真面目!?
2位にインターンがランクインするところからも、自分の将来に向けてなにか行動したいんだ!という大学生ゴコロがうかがえます。
選択肢を選んだ、つまり新しくはじめたいことがあると答えたのは約8割。勉強を忘れたわけではないけれど、他のこともいろいろやってみたくなるからこそ、単位が犠牲になることもあるのでしょうか。

さあ、今年度のシメとして成績も発表されたことだし、来年度はどんなことをしてどんな1年にしようかな。不安もワクワクも全部ひっくるめて、楽しみ!

アンケート対象:サークルアップに登録する全国の大学生1~3年生男女100名
アンケート時期:2016年2月22日〜23日
調査方法:ウェブ回答
調査元:株式会社ユーキャンパス (http://www.youcanpass.net/)

CircleApp(サークルアップ)とは?
2015年7月現在、全国212大学2300サークルが利用する大学サークル専用アプリ(http://circleapp.jp/