• top1
  • top2
  • top3
  • top4

【ユースなう!Vol.38】アコガレのイベント「LOOP vol.7」に初めて行ってみたハナシ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

青文字系・原宿系ファッション誌・SNSで活躍する人気の読者モデルが総登場し、”SNS世代最大のイベント”の名を冠するイベント「LOOP」。ユースなう!Vol.8 では昨年8月に東京で行われた「LOOP vol.6」に潜入し、予想以上のファンの熱気と会場の盛り上がりに圧倒されました。

そして今年3月21日、23,24日、LOOP vol.7が開催!!今回は「これが10代のリアルストリート」をコンセプトに、初の3日間開催、そして初日には初の大阪開催!とますます勢いをつけて帰ってきたLOOP。これは見逃せないっ。

さて、ここでユースタは気がつきます。LOOPってイベントは気になるけど、いつも雑誌やSNS越しに見ているだけの人たちに、実際に会いに行く、ってそのワンステップは相当勇気がいるのでは?そして、その勇気の一歩をなかなか踏み出せない人がいるのでは?ということで、今回は「LOOPに行ったことがない人とLOOPに行ってみたハナシ」をお送りします!さて、勇気の一歩を踏み出してみたその景色は、どう見えるのでしょうか~。

「何が起こるかわからない」ドキドキ!

photo1

今回取材に協力してくれたのは、専門学生のキョーカさん(19)。ユースタツイッター企画「LOOP初参戦者にチケットプレゼント」に応募してくれた理由は「mimmamちゃんのファンで、読モさんのLOOPのようなイベントを見たかったから」とのこと。
「外に並んでくださいって指示があるから外に出てみたら、思った以上に人がいてびっくりしてます!しかも、女の子ばっかり。男の子だけのグループとかすごく珍しい!なに目当てに来てるのかちょっと聞いてみたい気もする。あと、スタッフさんがイケメン(笑)」。

並んでいるときからソワソワ周りがいろいろ気になるご様子。緊張してる?

「緊張…ちょっとだけしてます。LOOPって、出演者の情報はすごい推されてるんですけど、いったい何をやるのかイマイチ分かってない(笑)。だから、何が起こるかわかららなくてドキドキだけど、それがワクワクでもあります」。

そんな話をしているうちに、入場の順番が回ってきましたよ~。

ファンとつくる企画にワクワク!

photo2
photo3

入場を済ませ、さあステージホールへ…の前に、キョーカさんが立ち止ったのは「写プライズしよう。」のブース。FLASH TOKYO 3期生、WEGO 原宿竹下通り店スタッフとして活躍する「ぱるちゃん」こと森みはるさんの読モBOYS&GIRLS加入を来場者みんなでお祝いしよう!というサプライズが進行中でした。ブースで写真を撮り、おのおのがお祝いコメントを書いたチェキを貼り集めたボードをプレゼントする企画に、まずは参加!

「ブースがすっごくカワイイ。自分用にも1枚くれて、記念になるから嬉しい!自分の写真とコメントがぱるちゃんに届いて、しかも自分がステージの企画に参加、って感じが楽しい。」

それぞれの楽しみ方、がいい

photo4

ステージホールに入ると、序盤にも関わらず会場はファンの熱気でいっぱい!
出演者が入れ替わるたび、あちこちでお手製のうちわやボードなどを掲げて叫びだすファンたちが。最初はその押しの強さにおっかなびっくりでしたが、慣れてしまえばそれほど気にならず。

「待ってるときとか、グループで来てる人たちが多くて、わたし1人でいるの浮くかな…って不安もあったけど全然気になりませんでした。」とキョーカさん。

ボードを掲げる人、見ることだけを楽しむ人、友達とワイワイする人、ひとりでゆったりする人…みなステージにくぎ付けだからこそ、周りを気にせず、それぞれの楽しみ方を楽しめるみたい。

惹きつけられて、目が離せないステージ

photo5

さあ、ステージ企画はどんどん進みます。出演者の多いこと多いこと…!全員もれなく知っているわけではなくとも、出演者の存在感に、企画のおもしろさに、ステージのキラキラに、どうしようもなく惹きつけられて、目が離せません。

そんな感じでステージに集中していると、まさにあっという間。キョーカさんご帰宅のお時間に…。

最後に感想を聞いてみると、
「LOOP、今日来るまではもっとファッションショーに近いものだと思ってました。実際は、音楽ライブがたくさんあって意外でした。でもそれが気分転換になったのでよかったです!それと、一番好きだなって思ったコンテンツはFLASH TOKYOによるファッションショー『BLOOM』です。好みの服が多すぎてワクワクしました」。

確かに、LOOP=読モさんがいっぱい来る=ファッションショーかな?って思っちゃいますよね。アーティストによるライブや写真企画など、意外な内容も楽しめた様子。「来て良かったです。また来たい!」と興奮冷めやらぬままご帰宅のキョーカさん。取材協力、ありがとうございました!

まさしく「10代のリアルストリート」

photo6

アーティストによるライブ、ファッションショー、写真企画、トークショー…「LOOPって、なんのイベント?」の答えって、一体なに?

うーん、ヒトコトで言うのはムズカシイ。今回のコンセプトは「これが10代のリアルストリート」。10代のリアルが実にさまざまでヒトコトでは言い尽くせないのと同じく、LOOPはヒトコトで言い表せない内容の濃さとこれからの可能性、を感じさせました。
来て損は絶対しない、そしていい意味で期待を裏切ってくれるLOOP、ぜひまず一度おとずれてみてください。今後も注目です!

LOOP vol.7

開催日:3月24日(東京会場2日目)
場所:Zepp Diver City
運営:読モBOYS&GIRLS(http://dokumo-web.jp