top

【スタッフに聞いてみたVol.6】ドキドキより安定感重視!? 友達みたいな恋人はアリ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「友達以上恋人未満」って言葉があるけれど、今の若者の恋愛事情をみていると、「友達」と「恋人」はときには両立する気がします。友達的な恋人を指す「トモダチ彼氏/彼女」とか、逆に、恋人的な友達「カレシ友達、カノジョ友達」(?)みたいな関係性とか。この、友達と恋人のボーダレス感覚って、どこまですすんでるのでしょうか?
今回も、いろんな分野で最先端を行くWEGOスタッフさんに、聞いてみました!

まずは手始めに…

Q 現在恋人は?

photo1

男女別に見ると男性のほうが恋人がいる結果に。そして、22歳未満・以上をそれぞれ学生層・社会人層ととらえると、男女とも、社会人層のほうがリア充率が高い!学生で彼氏、彼女ができない人には希望の結果。

でも、逆に、恋人的な友達に関しては・・・

Q 恋人に間違われるような、仲のいい異性は?

photo2

恋人かと思うほど距離感は近いのに、あくまで友達。そんな人がいるのは、学生のほうが若干多め。しかも約4割もいるんですね~。もう、付き合っちゃえば良いのに!(笑)

そうなると、恋人っぽくはなれるのに友達どまりな人は多いってこと? じゃあ、恋人として求めるのはどんな人なんでしょう?

Q 恋人として惹かれるのは、どちらかというと?

photo3

これは年代も性別も関係なく、一緒の目線で楽しめる人に惹かれる、という人が多数派でした。もしかしたら憧れの人は恋人ではなくアイドルとかになっていてしまって、恋人にはもっとリアルな関係性を求めてるのかもしれないですね。

それは例えばファッションでいうと、次の結果にも繋がりました。

Q 恋愛相手の服装は?

photo4

職業柄、ということもあるのでしょう。相手の服装は気になるし、「一緒に選んだりアドバイスする」派もかなり多いですね。「好きなものを一緒に楽しめる人」なら、フラットな関係で言い合えることが、恋人に求めていることなのかも。

今は、恋人にはロマンチックさより、カジュアルなほうがいい!?

Q 友達みたいな恋人はアリ?

photo5

友達みたいな恋人は、総じて「アリ」寄り! でも社会人層の男性に関してみると、「ナシ」を選んだ人が約3割もいて、ナシよりのアリ、という結果に。男は大人になるとほど、恋人っぽさを求めるものなんでしょうかー?

恋人的な友達がいたり、友達的な恋人がいたり・・・。もはや人との関わり方は、友達~恋人といった一直線の軸では計れない、固有なものになってきているのかもしれませんね。そして結婚する前から家族みたいな、もっといくと、熟年夫婦みたいな、ドキドキよりも安定感のある人と付き合いたい人が多いのかも…!?

【調査概要】
対象:10〜30代の全国WEGOスタッフ男女274名
期間:2016年4月4日~2016年4月11日
方法:WEB回答