top

【今月のサークルデータ】大学生の旅、思い出づくりは“アナログ”なスパイスが盛り上げる!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

CircleApp(サークルアップ)」に登録する大学生100人に毎月いろいろ聞いちゃう企画、「今月の大学サークルデータ」。

今回は、スマホとパソコンを持ち、インターネットもバリバリ使いこなせるのが当たり前なデジタル世代の大学生に、その旅行事情を聞いてみました!
世の中を見渡してみると、航空券はスマホでQRコードをかざせばOKだったり、ネットで宿泊の予約が取れてしまったりと、旅行サービスにもデジタルの波が訪れている様子。その一方、大きな一眼レフを旅行に持参したり、旅のしおりを作ってみたり…。あれ?思い出を残すのは意外とアナログなの?

ながーい夏休みに旅行を計画中のあなた、ぜひ読んでみてください!

Q 旅行前に、宿泊先や訪れる場所の口コミをネットで調べた経験はありますか?

Q1

事前準備について聞いたこの質問。
やはりデジタル世代、8割もの人がYESと回答。準備からネットを駆使する姿が垣間見えます。
大学生の大半がバイトに励んでいるはず。そんな一生懸命稼いだバイト代で旅行に行くんだから、できればハプニングなく終えたいですよね…。

さて、お次は旅行中のスタイルについて質問。

Q 旅先で使用頻度が高いのはどちらですか?

Q2

旅行前だけではなく、旅行中も、デジタルへの支持は圧倒的だとよくわかる結果に。
乗り換えを調べたり、道を調べたり、食べ物屋さんを探したりと、たしかに、旅先で“デジタル”なアレコレは心強いかも。
さて、旅先では写真を撮る人も多いはず。写真って、旅行が終わった後に思い出のひとつになりますよね。

お次の質問では、そんな写真事情について聞いてみました。

Q 一眼レフなど、本格的なカメラを持っている方にお聞きします。旅先で写真を撮る際、些細な写真と大事な写真とでカメラを使い分けることはありますか?

Q3

本格的なカメラを持っている大学生の回答を見てみると、使い分け勢は半分を超える結果に。
スマホで撮れちゃうのに、写真によってカメラを使い分けるなんて、正直面倒じゃない?!と思う反面、とっておきの一枚はとっておきのカメラ&画質で残したいと思うのが、大学生のココロなのかも。

さて、次の質問では小学校・中学校の遠足でお馴染みだった“あの”アイテムについて聞いてみました!

Q 大学生になってからの旅行で、旅行の相手と「旅のしおり」を作成した経験、もしくは使用した経験がありますか?

Q4

「旅のしおり」というアナログツールに関する質問。Q1、Q2でデジタルな旅行ぶりを披露してくれた大学生ですが…あら?5人に1人が旅のしおり経験があるという、意外な結果に。
ここで気になるのは、男子大学生の4分の1が「旅のしおり」経験があるということ。男友達と行った旅行、彼女と行った旅行、家族旅行、一人旅…?どれにしても、なんだかカワイイですね(笑)。

ところで、ちょっと面倒くさそうな「旅のしおり」を作るとどんないいことがあるの?そんな疑問をぶつけてみました。

Q 「旅のしおり」は思い出に残りましたか?

Q5

「旅のしおり」経験がある大学生たちに聞いてみると、約7割が「思い出に残る」と回答。
手間がかかっている分、思い出に残る度がかなり高いアイテムなんですね!

レポートもインターネットを経由して提出する大学生。てっきりデジタル一辺倒なトラベルライフを送っているのかと思いきや、カメラを使い分けたり、「旅のしおり」を作って使ってみたりと、随所に“アナログ”なスパイスが効いている様子。
“アナログ”な作業はめんどうくさいなあ、と思っているそこのあなた。今年の夏旅はデジ・アナ混合にしてみると、一歩差がつく夏旅になるかもしれません。

アンケート対象:サークルアップに登録する全国の大学生1~4年生男女202名(男100名/女102名)
アンケート時期:2016年7月1日〜4日
調査方法:ウェブ回答
調査元:株式会社ユーキャンパス (http://www.youcanpass.net/)

CircleApp(サークルアップ)とは?
2016年3月現在、全国280大学2,500サークルが利用する大学サークル専用アプリ(http://circleapp.jp/