top

発達障害の壁を壊せ!「バリアブレイクスポーツ」特集Vol.1

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

突然ですが皆さん、体育の授業って好きでしたか?「大好き!」って人もいれば、「正直苦手だったな…」って人もいると思います。体育は運動が得意な人が活躍する時間、そんなイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。しかし、そんなイメージを消し去ってくれるスポーツが存在します。それが、運動の得意不得意はもちろん、発達障害の有無といった壁を壊すスポーツ『バリアブレイクスポーツ』なのです!
これは、将来学校の先生を目指す学生が多く集まる『東京学芸大学鈴木聡ゼミ』と、誰もが楽しめる新スポーツ「ゆるスポーツ」を作る学生集団『ゆるスポーツYOUTH』がコラボして生まれた、スポーツ開発プロジェクト。

この記事では、ゆるスポーツYOUTHがバリアブレイクスポーツ開発の様子を2回に分けてご紹介します。今回は、試作段階のスポーツを小学校に持っていき、子どもたちに体験してもらいました!

“東京学芸大鈴木聡ゼミ×ゆるスポ”共同企画!
バリアブレイクスポーツ」って?

photo1

(「東京学芸大学鈴木聡ゼミ」と「ゆるスポーツYOUTH」のバリアブレイクスポーツプロジェクトメンバー)

東京学芸大学鈴木聡ゼミの「発達障害を持った子どもにも、スポーツの楽しさを知ってほしい」という想い。ゆるスポーツYOUTHの「ゆるスポーツを通して、人と違いがあることを楽しもう」という理念。これら2つが合わさって、今回このプロジェクトは生まれました。発達障害を含めた”様々な垣根を取り払う”という意味も込めて名付けられたのが『バリアブレイクスポーツ』プロジェクトです。

「発達障害の壁を無くしたい」未来の先生の想い

「発達障害」と聞いて、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。一口に言っても、その特徴は多岐に渡ります。集中が続きにくい、同じ動作を何度も繰り返してしまう、などなど。人によって程度に差はあるものの、体育の授業で周りの子と同じように運動ができない、という子は少なからず出て来ます。

SONY DSC

東京学芸大学鈴木聡ゼミは将来、学校の先生を目指す学生も多く在籍しています。授業で体育を教えても1人だけ周囲と一緒に楽しむことができない、そんな授業にはしたくない。発達障害を持った子どもにも、スポーツの楽しさを伝えたいという熱い思いを持っています。

そんな学生たちが作るスポーツ、どんなものが出来上がるんでしょうか…?

今回は実際に小学校に行って、試作段階のスポーツ4つを子どもたちに体験してもらいました。そのうち1つをご紹介!

思いっきり投げて思いっきり叩くだけ!『きび〜っす』

SONY DSC
SONY DSC

こちらは桃太郎を元にした、名付けて『きび〜っす』。
きびだんごを持った「桃太郎チーム」と、金棒を持った「鬼チーム」に分かれて、ゲームスタート。ルールは、

〈桃太郎チーム〉
・足元にある球状や円盤状の『きびだんご』を持つ。
・鬼の後ろにある鬼ヶ島へ、きびだんごが入るように投げる。

〈鬼チーム〉
・桃太郎が投げるきびだんごを、ひたすら叩いて落とす

なんとこれだけ!

普段ならルールが複雑でどう動けばいいのかいまいちわからない…!なんて子でも楽しめるシンプルイズベストなスポーツです。
けれども、このようなシンプルな「バリアブレイクスポーツ」でも、できるまでにはいろんな声がありました。

SONY DSC

(試作中スポーツ4つのうちのもう1つ。洗濯バサミを使った鬼ごっこ「鬼バサミ」)

SONY DSC

(こちらも4つのうちのもう1つ。「ペンペコリンピック」)

勝ち負けの関係ない、「笑顔になれるスポーツ」

そして最後に、東京学芸大学鈴木聡ゼミの佐藤悠太郎さんにもお話を伺いました。

—今回体験会をやってみての感想をお願いします。

いい意味でも悪い意味でも子ども達は予想を超えてきてくれるんだなと思いました。
「ペンペコリンピック」では、足を紐で結ぶことで、ゆっくり動いてもらうことを前提としていたのに、子ども達は余計に「速く動きたい!」って思うみたいで(笑)。安全で楽しいスポーツのためには改良する余地はまだまだあるなって感じました。

—本番に向けての意気込みをお願いします。

このトライアルで、子ども達が実際に「面白い!」って言ってくれたのが何よりの励みになりました。課題も多く見つかったのでチームみんなで修正をかけて、より面白いスポーツにしていきたいです。他のチームにも面白さでは負けたくないですね(笑)。

今回のプロジェクトで完成したスポーツは11/26(日)に、代々木公園の『スポーツフェスタ』にてお披露目の予定。

スポーツが大好きな方も、「体育苦手だったな…」なんて方も。ぜひぜひご参加ください!
↓詳細はこちら↓
https://www.tokyo-park.or.jp/event/2017/09/yoyogi-20170920.html

【取材協力】
東京学芸大学 鈴木聡(すずきさとし) 研究室
この研究室では、体育科教育学を中心に、広く学校教育を研究対象にしています。教育心理学をベースに授業研究を行い、児童・生徒の授業におけるパフォーマンス分析、教師行動分析、教材開発をします。学校現場と連携し、「ライブの授業」からの学びを大切にしています。

■公式HP:http://www.u-gakugei.ac.jp/~satoshi/index.html

【取材】
ゆるスポーツYOUTH

ゆるスポYOUTH_バナー

世界ゆるスポーツ協会内の大学生チーム「ゆるスポーツ YOUTH」。『Enjoy Difference』(人と人との違いを多様性として楽しもう)という理念のもと、日々ゆるスポーツを作る活動をしている。

■公式HP:http://yurusports.com/sports/youth
■Twitter:https://twitter.com/yurusportsyouth
■Facebook:https://www.facebook.com/yurusports.youth/

「ゆるスポ」に関する過去の記事はこちら:憧れのアリエルになれる!? 人魚バレー【ユースなう!Vol.65】

Tags: