8ヶ国目 アメリカ【日本で世界一周グルメ旅】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

世界一周ってなんかかっこいい! でも、実現できるお金も、そこまでの気力もない。
なんとかならないのか。ん? もしかして、食なら日本にいても実現できるのは…!? そんなゆるい動機で始める、日本で世界一周。都内近郊で味わえる世界の、その中でもちょっとマニアックな国や地域のグルメを訪ねて行きます!

最終回はあの大国へ!

今回の行き先は、アメリカ
アメリカ料理といったらハンバーガーやホットドッグなど、ファーストフードの定番が思い付くのではないでしょうか。

しかしそれでは面白くない。地域色がより強いものを食べたい旅人として、今回はアメリカ南部の料理を頂けるボイルストンに向かいました!

 

Hello!

渋谷駅から徒歩3分、話題のMiyashita Parkのすぐそばの建物。既に世界観があるような……。ディナータイムにやや緊張しながら入ると、本当に渋谷のど真ん中!? と思わず口に出してしまうような空間が広がりました。

バーカウンター、アンティークの置物……と隠れ家のような雰囲気。気さくな店員の方が迎えて下さり、温かい雰囲気の中でゆったりできます。

ここでは一体どんなお料理が頂けるのでしょうか! 店員の方と相談しながら注文したものはこちら!

 

いざ、アメリカ南部へ

まずはニューオーリンズ風黒目豆のサラダ(450円)を頂きます。ニューオーリンズとはアメリカ南部・ルイジアナ州の大都市のこと。元フランス領だったこともあり、アメリカの中でも個性的な町並みや文化を持つ都市といわれるそうです。ジャズやR&Bのふるさとであり、音楽スキにはきっとたまらない場所です。


↑黒目豆

こちらはネコの目みたいと表現される黒目豆とトマトなどの野菜を、ライムとビネガーでさっぱりと仕上げた前菜。黒目豆はほくほくというよりも歯切れが良く、トッピングのナチョスと合わせてさくさく、しゃきしゃきとした一皿です。爽やかな酸味と食感を一緒に楽しめるおすすめです。

 

ガッツリお肉で気分はアメリカン!?

「秘伝のたれ」という言葉につられ、スペアリブ(850円)を注文。このお店の看板メニューの一つで、フライドポテトが添えられた日本でもなじみのある一皿です。フォークを入れた瞬間にほろっと崩れる骨付きのお肉は、絶妙な甘辛いたれがしっかりと染みていて、とにかくおいしい! の一言。付け合わせのピクルスとの相性も良く、あっという間にたいらげてしまいました(笑)。

 

スパイシーでクリーミーな新食感!

続いてはケイジャンクリームパスタ(880円)。ケイジャン料理とはルイジアナ州の庶民の味のこと。ミシシッピ川の流れる都市ということで、地元食材のザリガニやカエルなどをフランス料理の技法を使い、臭み消しのためにスパイスで仕上げます。ボイルストンではスパイスをオリジナルで配合し、本場ながらも日本人の口に合うように調整しているそうです。

独特のスパイスの香り、クリーミーなソース、モチモチの平麺パスタ、そして海鮮という未知のお料理です。アツアツを一口頂くと、甘い、しょっぱい、辛いではない新食感。これを上手く表せる言葉が見つからない! 食感も味もなぜかすごく夢中になってしまうおいしさなので、ぜひ皆さんにも食べてもらいたい!! 旅の気分を存分に味わい、大満足です。

 

この雰囲気を楽しむ一杯を

おいしい料理を頂きながら、どうしても気になりバーボンバックを注文。バーボンとはアメリカで作られるウイスキーの一種のことで、今回はそれをジンジャーエールとレモンで割ってもらいました。しっかりとお酒を感じますが、爽やかにすっきり飲むことができ、スパイスの利いたお料理とよく合います。

 

「アメリカ料理とは何だ?」を問い続けた40年

おいしくお腹いっぱいになったところで、店長の山田さんにお話しを伺うことができました。このお店は1979年からの老舗で、シアトルに留学をしていた先代のオーナーが、バーボンを飲める飲食店として開店したとのこと。それからも「アメリカ料理とは」を問い続け、定番のハンバーガーやカリフォルニアの料理に挑戦。そして、バーボンに負けないようなパンチある味として、ケイジャン、クレオール、テックメックス(ナチョスなどメキシコの影響を受けた料理)といった個性ある料理を出すようになりました。

数十年通うリピーターも多く、「ほとんど変わらない店」として続いています。そして学生にも手が出しやすいような価格設定も魅力の一つ。「お客さんのためにできることをやる」とほほえんでいた山田さんの姿がとても印象的でした。

普段のイメージとは一味違うアメリカを知ることができる非日常の空間。個性あるお料理と隠れ家の雰囲気で奥深いお店でした。ゆっくり落ち着きたい時、新食感・新感覚を味わいたい時におすすめです。
なんと今回をもって、夢の世界一周ができました!
おいしいお料理を食べながらその土地の文化を学ぶ、日本で世界一周グルメ旅。取材を口実に素晴らしい経験ができました。
一緒に旅をして下さった皆様、本当にありがとうございました!!

【取材協力】
ボイルストン
住所:東京都渋谷区渋谷1-15-22 上村ビル 2F
営業時間:[月~金]18:00~翌2:00(FOOD L.O. 翌1:00)/[土・祝日] 18:00~23:30(FOOD L.O. 22:00)
定休日:日曜日
※日月連休の場合は月曜も休み
電話番号 03-3407-2417
HP:http://boylston.jp/

 

酒井琴音(さかいことね)
「スキ」なものが見つからなくて悩んでいます。マジメに生きがち。
書いた記事:#Sakai/Twitter:@NYS_Sakai