正直、めんどくさくない? 大学生のプレゼントお返し事情【今月のサークルデータ vol.34】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

冬の一大イベント、バレンタインデーが過ぎました。みなさんいかが過ごしましたか? プレゼントをもらったハッピーな人が気になること、そう! プレゼントの「お返し」。 ひろーくあさーい人間関係が増える大学生。実はプレゼントのやりとり、めんどくさいっておもっているのでは!? ということで、今回は大学生(男性100名、女性100名)にプレゼントの「お返し」についてのアンケートをとってみました!

まず、大学生はどれくらいプレゼントのやりとりをしているのか聞いてみました。

ほとんどの大学生がプレゼントのやりとりをしているようです! ちなみに男女別でアンケートを集計したところ、女子のプレゼントをあげる割合も、もらう割合も100%という結果になりました!

これだけプレゼントのやりとりをしている大学生は、「お返し」をしているのでしょうか?

今回はもらったプレゼントの違いでアンケートをとってみました。どちらの状況でもお返しをする人が多いですが、物以外でプレゼントをもらった時のお返しをする割合が減っています。大学生は日程調整が上手くいかなくてなかなかお返しの計画が立たないんだろうな~と思ったりします。

続いて、気になるお返しの予算は?

今回はあまり仲良くない人へのお返しの予算と、仲がいい人へのお返しの予算を聞いてみました。

男女で明確な差が出たのはあまり仲良くない人へのお返しの予算。女子はあまり仲良くない人へのお返しでも500円以下はあまり選ばないみたいです。女子の方が映えとかうるさいからかな~。ちなみに仲のいい人へのお返しは、3001~5000円の割合が女子40%、男子31%とあまり差がありませんでした。

予算や何をあげるか、はたまたするのか、誰にあげるのか、悩ましいお返し。じゃあ、そもそもお返しって必要なのかな? 聞いてみました。

これまた男女で差がでました! どこかで聞いた話によると、女性は「与えること」に幸せを感じるのだそう。女性はもしかしたら本能的にプレゼントの受け渡しがスキなのかもしれませんね。

お返しが必要だと思う理由を聞いてみました。

「あたりまえ」と思っている人が多い印象でした。もらったら返す、返さなきゃと思ってしまうのは日本人らしさなのかと。「おもてなし」の一種と思ったらすてきな文化だな~と思います。

とうとう、本音に迫るこの質問!

ぱっと見た感じ、やっぱりめんどくさいと思っている人が多いようです! ただ、予想よりは「思う」と回答した人が少なかったです。「やや思う」と回答するところが日本人らしいなと感じます。

最後におまけとして、こんな質問をしてみました。

回答が複数あったものと、回答が1つしかなかったものから選んで載せています。回答数が1番多かったのは「手紙」。その次に多かったものが「ディズニーペアチケット」でした。また、「寄せ書き」「好きなところ100個書いたノート」など、手作り感があるものが多く印象に残っているようでした! オンリーワンの回答だったものは「ハンバーガー100個」「オリジナルTシャツ」そのほか「手作りの指輪」「バナナ1房」「ギター」などもありました。

予想通り、多くの人がお返しをめんどくさいと思っているみたいでした! 学生が終わったらますますめんどくさくなるんだろーなーと思いつつ、プレゼントをあげたりもらったりすることは、周りの人を幸せにする1番簡単な方法なのかも! と思ったり。めんどくさがらず上手に付き合っていきたいものですね。

アンケート対象:サークルアップに登録する全国の大学生1~4年生男女200名(男100名/女100名)
アンケート時期:2020年 1月20日〜1月24日
調査方法:ウェブ回答
調査元:株式会社ユーキャンパスユース(https://youth.youcanpass.net/

CircleApp(サークルアップ)とは?
全国320大学3,900サークルが利用する大学サークル専用アプリ(http://circleapp.jp/

松田ひなた(まつだひなた)
かぼちゃと焼き鳥とアイドルに目がない。基本的にgo my way。
書いた記事:#Matsuda/instagram:@chewhina1717